相続による不動産の名義変更(相続登記)

 

 相続登記とは、不動産(土地や建物)を持っている方が亡くなった時、その不動産の名義を相続人に変更する手続です。

 (※相続に関する基本的な知識はこちらから)

 

 相続登記は、いつまでにしなければならない、という決まりはありませんが、

 この手続きは、意外とほったらかしにされているケースがあります。

 単に忘れている、すぐにする必要がないからなど、理由はさまざまです。


 実はこの相続登記手続きは、置いたままにしておくと後から困る場合があります。

 例えば、いざ売却しようと思った時、土地の名義が先々代のままだったというケース。

 このようなケースを含め、売却の前提として、必ず相続した方への名義変更手続きが必要です。

 その場合、慌てて手続きをしようとしても、相続人の人数が多すぎて、話し合いがまとまらないことも考えられます。

 また、長期に相続登記をしないでいると、連絡を取り合っていない人、会ったこともない人に相続権があることがわかり、居場所を探すのに苦労するなども考えられます。

 

 当事務所に依頼いただければ、ご自身で手続きのために法務局という役所に行く必要がなく、スムーズに相続に関する登記手続きが完結します。

 

 また、相続の登記手続きには戸籍謄本等が必要ですが、それらの取得も併せて承ることができますので、なかなか時間が取れないという方もご安心ください。


 

 相続に関連する印象的だった出来事をブログで紹介しています。

 こちらからどうぞ。

お気軽にご相談ください。

加藤司法書士事務所

司法書士 加藤宏章

 

〒650-0022

神戸市中央区元町通七丁目1-2

ネオ・アージュ神戸元町103号

 

TEL:078-381-6463

(受付時間9~17時)

上記時間外でも事前にご連絡いただければ対応いたします。

 

休業日

 原則土曜、日曜、祝日

 ただし事前予約いただければ

 対応いたします。 

 

対象地域

 神戸市を中心とする兵庫県、

 大阪府など関西近郊

 他の地域もご相談ください。 

 

ブログはこちらから

神戸の登記司法書士奮闘日記

一度触れてみたかった書籍。 (水, 29 5月 2013)
>> 続きを読む

当事務所のFacebookページも

ありますのでのぞいてみて

ください。